雑ノート

二次障害なしADHDな人があれこれ言うだけのブログ

セクロスに集中できないマン

 共学だった小中学校では「やばい奴」として扱われ、ある程度の常識を獲得した女子校時代は「ちょっとばかりズレすぎている人」と認識され生きてきたぬた子さんだが、地元の大学に入学して初めて春が訪れた。そこではじめて私を彼女という恋仲のパートナーとしてみなしてくれる殿方が見つかったのだ。現在お付き合い八か月。彼氏は私と同様すこーしばかし不思議な人だけど元やきう男児らしく若く健康的な肉体を持っていて、男女が同じ空間に二人きりでいてしてしまう事といえばそれは身体があるだけで事足りるセックスなのである。ちなみに江戸時代では身体さえあれば出来るセックスは素晴らしい退屈しのぎだったとか。まあとにかく、私の「ねえねえねえ私たちって恋人なのにセックスしないのかなぁ。今しようよ!あっところでコンドームはオカモトとサガミの二強らしいよ。アマゾンで買うかドラッグストアで買うか悩む」みたいな発言によりピュアピュアしい処女と童貞の恋人関係は終焉を迎えた。

 

 そんな前置きはいい、セックスの話をだな。

 セックスになかなか集中できない女性は多いのではなかろうか。私もADHDの特性が手助けしてそれはもう注意力散漫マンだ。うーん今日イケないなあと思っていたら急にイったり、逆に絶対気持ちよくなるぞ!集中集中!と意気込んだらイマイチなセックルに終わってしまったり。

 これまでにぺぺローションを増量させてみたり、腰にクッションを敷くとイきやすくなるというネットの情報にすがったり、テレビの音を消してみたりと色々な方法を試してみた。がしかしいくことにはいけるけども、途中のピストン運動から快感を拾い上げることが難しかった。

 

 ある日、どういうわけか、夏の薄めのお昼寝用タオルケットを顔に被せて正常位セックスしてみた。これが素晴らしく、視界に一切情報が入ってこないので、ピストン運動でもじわりじわりと気持ちいい。少し息苦しくなったので息継ぎがてらにタオルをどかして彼をみてみると、すごくぬるぬるしてる膣が気持ちいいらしく幸せそうにセックスしていた。

 これ、アリだなと思った六月の終わり。もしADHDをお持ちで(そうでなくても)パートナーとのセックスに集中できない…とお悩みの女性がいたらお勧めしたい方法のひとつである。

 しかし顔だけタオルケットっていうのはなかなか愉快なので、そういうのにもご理解のあるセックスのお相手でなければ難しいかもしれません。